東京都葛飾区・足立区の床矯正:メリー歯科
 

 
 
 
 


  
メリー歯科サイトへ






お母さんへの感謝

私はニンジンが嫌いです。
そんな私のために、お母さんはよくニンジンハンバーグを作ってくれました。
ニンジン嫌いな私でも、お母さんのニンジンハンバーグだけはおいしく食べられます。
お母さんも、幼い私の口にするものに気を使って一生懸命努力してくれたのだと思います。
今、健康に不安なく、たくさんの患者さんから感謝される仕事をできるのも、
こうしたお母さんの愛情があったからだと、ニンジンハンバーグを食べる度に感じます。

健康教育の必要性

今、「食育」などの健康教育が、人の生き方・考え方などの「気持ち」を育てる教育として重要視されています。
事実、社会に出てからもパソコンなど仕事の処理能力よりも人としての「気持ち」が充実した人ほど、結果的には人から大事にされる人になっているように思います。
当院でも健康教育の一環として「子ども歯医者さん体験」などを実施しています。
歯医者さんのマネをして、自身の身体と向き合う時間を重ねることで、子どもなりに「生きている」ことに一生懸命向き合っていることを感じます。

メリー歯科の床矯正の考え方

床矯正は、歯列不正の原因となる顎を正しい大きさに導く治療法です。
健康な歯を抜かないことや、ハブラシがキレイにできることはとてもメリットの大きな治療法です。
なにより、通常の矯正より安価ですので、「子どもの将来のためになにかをしたい」と思う多くのご両親の願いを叶える選択肢の一つになると思います。

しかし、治療器具を容易に外せるため、お子様の判断で中断してしまえば、効果がなくなる治療でもあります。
子どもが矯正装置に違和感を感じるのは当然ですので、子どもの努力も必要ですが、なによりご両親の努力が必要です。
例えると「習い事」のように、正しい生活習慣を身につけるために、両親の継続的な努力と理解の必要な治療が床矯正です。

これらの努力が手間に感じる・お金を払って自動的に成果を受け取れる商品と同じように考えるご両親には、私は床矯正をオススメできません。
健康教育だけが親の義務ではないのでしょうから、そのようなご両親には矯正装置を外せない通常の矯正治療のほうが効果的で適切な治療法です。

しかし、お子様の健康意識はお子様が自分の身体と向き合った時間に比例して向上すると思います。
ご両親のお子様に対する努力と理解は、必ずお子様の「気持ち」を育ててくれるのではないかと思います。

ちょうど私がニンジンハンバーグを食べるときのように、
きっとお子様が大人になって、自分のキレイな歯並びを見たり、
矯正器具や歯並びについてご両親と語った時間を思い出す度に、
ご両親の愛情に感謝をイッパイしてくれると思います。

床矯正はそんなたくさんの愛情が必要な治療です。
「歯並びを治す」ことをきっかけに、一緒にお子様の健康に向かい合ってみませんか?
床矯正は、治療成果と共に、きっとその先にお子様の大きな成長がある治療です。

メリー歯科はそんなご両親と一緒に子どもの成長をわかちあえる歯医者さんでありたいと思います。

 メリー歯科 院長
ゆげたゆうこ


このページのトップへ

そんな床矯正の治療ってどんなの?はこちら

実際に床矯正治療ってどんな流れなの?はこちら