東京都葛飾区・足立区の床矯正:メリー歯科
 

 
 
 
 


  
メリー歯科サイトへ






通常の矯正と床矯正は、同じ矯正でも全く違う治療といってもいいほど、内容や目指すものの異なる矯正方法です。
メリー歯科は床矯正と通常の矯正の違いは以下のように考えます。(※1)



まず、床矯正は歯列不正の起きる原因となる顎の未発育を治すことを目的とした治療です。
歯を動かして、歯列を治す効果もありますが、まずは顎をしっかり整えようという考え方です。

これによって、健康な歯を抜かずに済む環境を作ります。
床矯正をしっかりとやった後に、矯正が必要になるような歯列不正になる確率はグンと減ります。



一方、通常の矯正は、生活指導などをするのも矯正治療のひとつですが、まず歯列不正があり、それを治すことを目的としています。

顎の発育が見込めず、正しく歯を並べてもそのスペースがない場合、ズレた歯はあまり機能しない、デメリットの大きい歯となります。その場合は抜歯を検討します。


   通常の矯正 床矯正
治療方法 接着剤を使用して、歯をワイヤーで固定します。
矯正器具は自分では外せません。
入れ歯のようなマウスピースを常時装着します。
矯正器具を自分で外せます。
治療の目指す
もの
緻密に計算された歯列に整えます。
審美面、租借効率、歯の健康管理などに効果があります。
歯がキレイに生える大きさの顎に発育することを促します。
健康な歯を抜かないで、自然な歯並びになることを目指します。
歯並びについて 歯列を整えることが目的の治療ですので、歯並不正には確実な効果があります。 歯がキレイに並ぶ顎の環境を整えることが主な目的の治療ですので、計算された歯列に緻密に並ぶことを目指す矯正ではありません。
輪郭や
顎のラインに
ついて
顎を整えることが目的の矯正ではありませんが、歯列補正の一環として、顎を拡大して、輪郭がスッキリすることもあります。 顎の成長を促し、良い顔立ちを助ける矯正ですので、スッキリ・シャープな顔立ちの一助になります。
抜歯についての
考え方
顎の成長を促す治療も行いますが、かみ合わせが悪い歯に咀嚼効果はありません。
歯列を整えるメリットと比較して、やむを得ず抜歯をすることもあります。
まず、抜歯をしないことを目指す治療です。
顎の大きさが整えば、抜歯をすることなく、歯列不正が起きる大きな原因を取り除くことができると考えます。
治療できる
年齢・条件
年齢に制限はありません。 顎の発育を促す治療のため、年齢に制限があります。
4歳から8歳程度までの治療をオススメします。
治療に必要な
こと
矯正器具は外せないので、いつもより念入りなハミガキが必要です。
お金も床矯正よりかかります。
矯正器具を容易に外せるので、治療途中でやめない努力と根気が必要です。
ご両親の愛情と根気も必要になります。
お値段
(メリー歯科
 税別価格)
契約料 30万円
メンテナンス 毎月3000円
※床矯正から移行したら割引あり
(詳しくはこちら
検査 3万円
床矯正装置 7万円(1装置)
メンテナンス 毎月1500円


そんなわけで、メリー歯科では床矯正から小児矯正に移行した場合に割引プランを作っています。
詳しくはこちら



※1
当院のスタンスとして、通常の矯正の効果はもちろん、床矯正も特性はありますが、多くの患者さんが歯列や顔立ちが良くなっている確かな実績(エビデンス)があります。したがって、概念略図を作成するに当たり、双方の考え方や特性を患者さんの立場で活かし、双方の治療法についての理解を深める目的で作成しました。概念の一般化は非常に難しく、歯医者さんで意見の別れるところです。

このページのトップへ